ネガは国内最安値の自信があります!プロジェクターレンタルの価格破壊!
掲載していない機器もございます。よく分からないという方にもスタッフが用途に
適した機材をご案内します。予約状況や料金などお気軽にお問合わせください

年中無休 OPEN 15:00~26:00

Japanese | English

Projection Mapping + Performance Vol.1
白夜-BYAKUYA-

Projection Mapping + Performance Vol.1白夜-BYAKUYA-

Projection Mapping + Performance Vol.1白夜-BYAKUYA- シーン1

Stage Information

公演名
期 間
会 場
演 出 奥 秀太郎
脚 本
音楽
出演 -
スタッフ -
作品公式サイト -
DVD・グッズ販売 N.D.W Online

Intoroduction

建物を、モノを、人を、鮮やかな映像で包みこみ、遠く隔たる時間と空間を、いま・ここに引き寄せる。欧米で広告等に多用されるプロジェクションマッピングは、奥秀太郎が舞台映像や映画で培ったセンスと技術により、いまや演劇の表現それ自体を拡げつつある。
2011年の秋、さらなる可能性を求めて奥が眼差した場所は、戦火を免れ70年以上の時に佇んできた建築遺産、原美術館であった。白亜の建物と緑の庭は艶やかなモノトーンの映像で染め上げられ、木々のざわめきや風、観客のため息までもが詩的なギターの音色に加わり、一夜限りのドラマがそこに生起する。

Story

歯車の記憶とひなげしの記憶。すれ違い逃し続けるイメージと、抱きとめて受けいれてもらえるイメージ。亡くした大切な人への想いは、英語しか話さない男性と発話しない女性の意思疎通とその齟齬のように、明暗を入れ替える。残された者は、その落差に立ちすくみながら、そして墓前に何度も酔いつぶれながら、記憶との折り合いをつけていくよりない。
とりわけ、ヒロインの巨大なシルエットがたどたどしい英語を綴る場面が、胸を打つ。一語一語を生成してゆく指先の繊細な動きは、人の想いをのせる言の葉がまさに「紡がれる」ものであることに、あらためて気づかせてくれる。

沈むことのない白日のように生き残った者を責め続ける、かぎりなき悔恨と哀悼、そして、いつか訪れるはずの赦しと安息の闇。夥しい遺品のなかの一枚の写真から立ち現れたドラマは、またそこへと静かに還ってゆく。痛ましいことにこれは、このたび失われた二万もの生のうちの一つでしかないのだ。『白夜』は、この耐えがたい事実に打ちのめされながら、それでも生きるわたしたちの、あの震災後の物語なのである。